災害に備えた取り組みの重要性を指摘した「人と防災未来センター」の河田惠昭センター長=佐賀県庁

 佐賀県内の市町の首長らが災害時の適切な対応を学ぶ研修会が17日、県庁であった。「人と防災未来センター」(兵庫県神戸市)の河田惠昭センター長がこれまでの震災や豪雨災害での教訓を報告し、災害が起こり得るという認識に立って日頃から対策や啓発に力を入れる重要性を説いた。

 河田氏は近年、全国各地で相次ぐ大雨災害に触れ、「新たなステージにあり、どこで起きてもおかしくない。これまでの知識だけでは不足しており、(災害が)起こることを前提に対策をする必要がある」とした。三重県紀宝町で、住民避難のタイミングなどを時系列で定めた「タイムライン」を導入していることを紹介し、県内の市町にも導入するよう促した。

 ワークショップもあり、首長らが災害時を想定した模擬記者会見に臨んだ。研修会は「トップフォーラムin佐賀」として、人と防災未来センターと県が共催し、行政や消防、警察などの関係機関から約90人が参加した。

このエントリーをはてなブックマークに追加