政府は18日付で、警察官や自衛官など危険性が高い業務に尽力した元公務員を対象とする「第32回危険業務従事者叙勲」の受章者3642人を発表した。春の褒章や叙勲とともに、令和改元後初めて21日に発令される。

 内訳は瑞宝双光章が1966人(うち女性2人)、瑞宝単光章が1676人(同4人)。職種別では、警察官が1827人(うち女性2人)で全体の半数を占めた。次いで自衛官947人(同3人)、消防吏員625人、刑務官や入国警備官138人(同1人)、海上保安官100人、漁業取締職員5人だった。

 都道府県別で見ると、北海道が294人で最多。埼玉県229人、千葉県209人、福岡県189人、東京都188人と続いた。

 佐賀県在住の受章者は、前回の2018年11月より3人増えて40人。内訳は瑞宝双光章が22人、瑞宝単光章が18人。職種別は警察官16人、消防吏員5人、刑務官など1人、漁業取締職員1人、自衛官17人だった。

 危険業務従事者叙勲は、国や公共の発展に寄与した人に授与する勲章とは別に、危険業務に取り組んで社会に貢献した功労者をたたえるため、2003年に創設された。

 発令日は例年4月29日だが、天皇陛下の即位後に一連の手続きを進めるのが望ましいと判断し、日程を繰り下げた。

   瑞宝双光章(22人)   

 ◇防衛功労         

大谷 隆尚61元2等陸尉  佐賀

久保田 稔61元1等海尉 伊万里

黒木 忠一61元2等陸尉吉野ヶ里

田中 秀海61元3等陸佐  鳥栖

中川原勝夫61元1等陸尉  鳥栖

中島 隆光61元3等陸佐  鳥栖

中島  遠61元3等陸尉  鹿島

永山 清光61元1等陸尉吉野ヶ里

松岡 和彦61元3等陸佐  鳥栖

保田 賢治61元3等陸佐 みやき

 ◇警察功労         

内田 幸夫71元警視正   佐賀

浦野 倫史71元警視正   佐賀

小柳 治道71元県警視   佐賀

高盛 正司71元県警部   唐津

德田 政之71元県警部   神埼

西田 盛太71元県警視   佐賀

宮原 武義71元県警部   佐賀

山田 夏彦71元県警部   佐賀

 ◇消防功労         

冨田 壽一65元唐津市消防監唐津

野田 公明66元佐賀中部広域連合

消防監          佐賀

原口 雅敏64元佐賀中部広域連合

消防監          佐賀

久田 武雄70元杵藤地区広域市町

村圏組合消防司令長    武雄

   瑞宝単光章(18人)   

 ◇防衛功労         

大田 敏治61元3等空尉 みやき

権藤 弘司61元3等陸尉  鳥栖

筒井 圭司61元3等陸尉吉野ヶ里

中村 真二61元3等陸尉 みやき

福地 文雄61元3等陸尉  神埼

松岡 健次61元3等陸尉 みやき

三原 雅彦61元3等陸尉  有田

 ◇矯正業務功労       

德永 義和63元法務事務官 小城

 ◇警察功労         

内海 雅也71元県警部補  佐賀

塩塚 宣雄71元県警部補  小城

野口 貞人71元県警部補  佐賀

野口 義幸71元県警部   佐賀

宮崎 正義71元県警部   小城

百田 利光71元県警部   佐賀

吉富 正治71元県警部補  小城

米倉米次郎71元県警部   神埼

 ◇消防功労         

田中 義則78         

  元伊万里市消防司令 伊万里

 ◇漁業取締功労       

井手 俊彦71元農林水産技官唐津

このエントリーをはてなブックマークに追加