唐津市出身のプロレスラー野崎広大さんと綱引きをして楽しむ園児たち=唐津市東唐津のあけぼの保育園

野崎広大さんの腕にぶら下がって笑顔を見せる園児たち=唐津市東唐津のあけぼの保育園

 九州プロレス所属で唐津市神田出身のプロレスラー野崎広大さん(21)が16日、同市東唐津のあけぼの保育園を訪問した。園児約100人が野崎さんと綱引きをしたり、腕にぶら下がったりして交流を楽しんだ。

 綱引きでは、園児たちがクラスごとに野崎さんに挑戦。園児たちは負けまいと、力いっぱい、綱を引っ張った。平野葵ちゃん(5)は「大きいし、強かったけど、楽しかった」と笑顔。最後は、野崎さんが両腕に園児たちをぶら下げ、持ち前のパワーを見せ、園児たちは歓声を上げた。

 野崎さんは「子どもの頃からプロレスラーになりたくて、夢がかなった。皆さんも遊んで、食べて、勉強すれば夢はかなう」と園児たちに語り掛けた。

 唐津市で2回目となる九州プロレスの大会が、26日午後2時から和多田の市文化体育館で開かれる。野崎さんは「前回は負けてしまったので、今回は勝利する姿を地元の人に見せたい」と意気込む。26日はより多くの人に見てもらおうと入場無料。

 問い合わせは九州プロレス、電話092(400)9938。

このエントリーをはてなブックマークに追加