広範囲の空撮ができる「固定翼ドローン」を使った合同救助訓練が17日、白石町の遊水池であった。白石署員や県警機動隊など約30人が参加し、ドローンを活用しながら上空から救助者を発見した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加