作陶展を開いている内田有二さん=鳥栖市柚比町のレストラン「花やしき」のギャラリー

 広い窓から新緑の庭を望める鳥栖市柚比町のレストラン「花やしき」のギャラリーで、「内田有二陶展」が開かれています。31日まで。

 熊本県出身の内田さん(69)は年を重ね、やはり生まれ育った近くに帰りたいと制作場所を探し、昨年4月に和歌山からみやき町に移って、有桃窯を開きました。土地を手入れし、窯を造り、火入れに至ったのは今年になってからだそうです。

 「油滴天目」に興味を持ったことがスタートとなって、この道を目指しました。作品は、上薬次第で金や銀に見えたり、窯の中の場所によっていろいろな模様ができたりと、一つ一つが素晴らしく、目を引かれます。

 奥さまの千恵子さん(69)とともに鉄変釉の作品を追求し、多くの人に見てもらいたいと来場を呼び掛けています。(地域リポーター・有馬治子=鳥栖市)

このエントリーをはてなブックマークに追加