松田一也町長(左)に目録を贈った的野泰人支部長(中央)と川野幸生支部長

 鳥栖三養基地区交通安全協会若基支部(川野幸生支部長)と基山支部(的野泰人支部長)は17日、基山町に交通安全を呼び掛ける横断幕を寄贈した。町は町内3小・中学校のフェンスに設置し、交通安全意識の啓発を図る。

 寄贈したのは縦85センチ、横6メートルの横断幕4枚で、啓発活動の一環として贈った。2種類あり、それぞれ「手をあげてしっかり見よう右左」「みんなの願い交通安全」の文言が書かれている。若基小に2枚、基山中と基山小に1枚ずつを設置した。

 基山小前で開かれた贈呈式では、的野支部長が「事故が1件でも少なくなるように寄与したいと思って贈った。有益に使用してください」とあいさつした。受け取った松田一也町長は「いただいた気持ちを無駄にせず、安心と安全に向かって頑張っていきたい」と感謝した。

このエントリーをはてなブックマークに追加