約100鉢の花が咲き誇るさつき盆栽展=佐嘉神社

 佐賀25さつき愛好会(夏秋司会長)による「第2回さつき盆栽展」が、佐賀市の佐嘉神社で開かれている。約100鉢が並び、訪れた人たちの目を楽しませている。19日まで。

 ファンの多い「光月」や「日光」、新種で約20枚もの花びらがある「はなびん」などの品種が並ぶ。最も目を引く「紅傘」は、傘をイメージした形に50年かけて育て上げ、満開の紅色の花を咲かせている。

 夏秋会長は「愛情込めて育て上げた。この美しさをたくさんの人に楽しんでもらいたい」と来場を呼び掛ける。

 市内から訪れた70代女性は「自宅でも育てているが、難しい。この美しさを目指して私も頑張りたい」と話した。期間中はさつき苗や土などの販売や栽培相談も行われる。

このエントリーをはてなブックマークに追加