議長就任直後に実施された副議長選挙の様子を見守る桃崎峰人氏(奥)=佐賀県議会棟

 臨時佐賀県議会は16日、正副議長選挙を実施し、新議長に自民党会派の桃崎峰人氏(69)=唐津市・東松浦郡、当選5回=、副議長に同じ自民の大場芳博氏(69)=同、当選4回=を選出した。桃崎氏は議場で「県政発展と議会の円滑な運営に全力を傾注する」と抱負を述べた。

 議長選では桃崎氏が有効投票37票のうち28票、副議長選でも大場氏が28票を獲得した。

 九州新幹線長崎ルートの整備方式の見直しや自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画など、国策課題への対応を報道陣に問われた桃崎氏は「これまでの審議をさらに深め、執行部との質疑を重ねて結論に結びつけていきたい」と意欲を見せた。さらに「議会の総意をしっかりと執行部に伝え、方向性を見定めていきたい」と強調した。

 4月に投開票された県議選で、13選挙区のうち過去最多の7選挙区が無投票だったことに関しては「議会や県政の課題について県民に興味を持ってもらえるようにしたい」と述べた。

 四つの常任委員会と三つの特別委員会では、最大会派の自民党(25人)がすべての委員長を独占した。県民ネットワーク(5人)と諸会派(8人)は、常任委の二つと特別委の一つの副委員長に就いた。

 正副議長を除く議員で構成する特別委の定数は、佐賀空港・新幹線問題等と有明玄海・原子力安全対策等、スポーツ振興対策等が各12人。議会運営委員長には原田寿雄氏(62)=自民=が就任し、議会選出の監査委員は藤木卓一郎氏(51)=自民=の選任案に同意した。

■各委員会の構成◎は委員長○は副委員長

佐賀県議会各委員会の顔ぶれは次の通り。(敬称略)

=常任委員会=

 【総務】◎岡口重文(自民)、○木村雄一(公明)、桃崎峰人、井上常憲、土井敏行、木原奉文、中村圭一、宮原真一(自民)、野田勝人(県民ネット)、稲富正敏(自民党・鄙の会)

 【文教厚生】◎古賀陽三(自民)、○江口義紀(県民ネット)、石丸博、大場芳博、冨田幸樹、藤木卓一郎、坂口祐樹(自民)、下田寛(県民ネット)、弘川貴紀(SDGsの会)、一ノ瀬裕子(佐賀讃花の会)

 【農林水産商工】◎定松一生、○池田正恭、石井秀夫、石倉秀郷、原田寿雄、川崎常博(自民)、藤崎輝樹(県民ネット)、井上祐輔(共産)、中本正一(公明)

 【県土整備・警察】◎八谷克幸、○西久保弘克、留守茂幸、中倉政義、向門慶人、古川裕紀(自民)、徳光清孝(県民ネット)、武藤明美(共産)、古賀和浩(つなぐ会)

 【議会運営】◎原田寿雄、◯坂口祐樹、石井秀夫、留守茂幸、中倉政義、川崎常博、向門慶人、野田勝人、藤崎輝樹、武藤明美、中本正一

=特別委員会=

 【佐賀空港・新幹線問題等】◎石倉秀郷、○川崎常博、石井秀夫、西久保弘克、中村圭一、向門慶人、古賀陽三、徳光清孝、江口善紀、武藤明美、中本正一、稲富正敏

 【有明玄海・原子力安全対策等】◎土井敏行、○藤崎輝樹、石丸博、中倉政義、定松一生、冨田幸樹、藤木卓一郎、宮原真一、坂口祐樹、野田勝人、井上祐輔、木村雄一

 【スポーツ振興対策等】◎木原奉文、○井上常憲、留守茂幸、八谷克幸、岡口重文、池田正恭、原田寿雄、古川裕紀、下田寛、弘川貴紀、古賀和浩、一ノ瀬裕子

 【監査委員】藤木卓一郎

 【県競馬組合議員】石井秀夫、木原奉文、向門慶人

このエントリーをはてなブックマークに追加