リスナーからのメールを読む川後陽菜さん=唐津市南城内のFMからつスタジオ

生放送を観覧しに、スタジオの前に集まったファンたち

 元「乃木坂46」のメンバーで、モデルやタレントとして活躍する川後陽菜(かわごひな)さん(21)がメインパーソナリティーを務めるラジオ番組が、唐津市のコミュニティFMラジオ局「FMからつ」で4月から始まっている。15日には初の公開生放送があり、集まった多くのファンを沸かせた。

 「川後陽菜の好いとっとラジオ」と題し、毎週水曜日の午後7時から放送。リスナーからのメールを紹介しながら、FMからつ局員の赤間薫さん(40)と1時間、トークを繰り広げる。FMからつの独自調査によると、1回の放送で約8万人が聴いているほど人気を集めている。

 長崎県出身の川後さんは昨年12月にグループを卒業。以前福岡でアイドル活動をしていた際に知り合った赤間さんと卒業後に再会し、番組開始の話が進んだ。

 これまでの放送は全て電話出演による収録だったが、初めて唐津に来ての生放送ということもあり、大手口センタービル3階のスタジオ前には全国から約100人のファンが集まった。川後さんは「こんなに来てくれるとは思わなかった」と驚きの表情を見せた。

 番組には川後さんのほか、唐津市出身で福岡のアイドルグループに所属する片岡みおさん、佐賀県内を中心にアーティストとして活動する川﨑ありささんがゲストとして出演。寄せられるメールを題材に、子どものころの思い出や唐津の印象などで女子トークを展開した。

 番組終盤には、会場に来た人を対象に、3人の直筆サインの抽選会もあり、放送は大いに盛り上がった。川後さんは「普段とは違い、リアルタイムでメールが来るので(リスナーとの)一体感があった。温かい雰囲気で楽しかった。これからも定期的に唐津で生放送ができれば」と笑顔で話した。

  

このエントリーをはてなブックマークに追加