第1ラウンド、10番でティーショットを放つ松山英樹=ベスページ・ステートパーク(共同)

 【ファミングデール(米ニューヨーク州)共同】男子ゴルフのメジャー第2戦、全米プロ選手権は16日、米ニューヨーク州のベスページ・ステートパーク・ブラックコース(パー70)で開幕し、メジャー初制覇を目指して10番から出た松山英樹は前半を終え2オーバーとした。11番でバーディーを奪ったが、その後三つのボギーをたたいた。

 4月のマスターズ・トーナメントに続くメジャー16勝目を狙うタイガー・ウッズ(米国)も10番からスタートし、前半で3オーバー。2度目出場の今平周吾は前半を終え2オーバーとなった。

 小平智は1番から挑む。

このエントリーをはてなブックマークに追加