オリンパスの巨額損失隠し事件を巡り会社に損害を与えたとして、同社と株主が菊川剛元会長(78)ら旧経営陣に賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は16日、計約590億円の支払いを命じた一審東京地裁判決を変更し、賠償額を約594億円に増額した。菊川元会長ら3人について6億円余り増やした一方、元社長ら4人への賠償命令は取り消した。

 高裁の阿部潤裁判長は一審と同様、菊川元会長と森久志元副社長(62)、山田秀雄元常勤監査役(74)=いずれも金融商品取引法違反などで有罪が確定=の3人が損失隠しを主導したと認定した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加