日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は16日、北方領土を戦争で取り返すことの是非に言及し、同党を除名処分にした丸山穂高衆院議員の辞職勧告決議案に関し、立憲民主党に共同提案を要請する考えを示した。市役所で記者団に語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加