夏の参院選で憲法改正の争点化を促す安倍晋三首相の発言を受け、自民党麻生派は16日、憲法勉強会を開始した。他派閥も順次始める。与党内では、首相が改憲の是非を掲げて参院選に合わせた衆参同日選に持ち込むとの見方が出ている。自民党は参院選公約に改憲の早期実現を明記する方向で調整に入った。一方、改憲に慎重な公明党は警戒を強める。野党は同日選があり得るとして、共闘態勢の構築を急ぐ。

 麻生派は16日昼の派閥会合に合わせ勉強会をスタート。衆院憲法審査会の開催状況などを確認した。

 参院選公約について党幹部は、改憲を「できるだけ早期に実現」との表現を盛り込む意向を明かした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加