佐賀県伊万里市の松浦鉄道伊万里駅前にある伊万里焼の唐子人形3体のうち1体が壊された事件で、伊万里署は15日、器物損壊の疑いで、伊万里市大坪町甲、作業員の男(39)を逮捕した。

 逮捕容疑は3日午前3時25分ごろ、伊万里市新天町の伊万里駅前ロータリーに設置された磁器製の唐子人形を足蹴りし、損壊(被害額約24万円)した疑い。「蹴ったことに間違いない」と容疑を認めている。

 同署によると、男は当時酒を飲んでおり、現場には数人といたという。同日午前5時ごろ、被害に気付いた駅の警備員が通報した。駅の防犯カメラに犯行の様子が映っていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加