昨年実施した活動や、今年の活動計画を発表する県内の保護司会=佐賀市白山のエスプラッツホール

 罪や非行のない社会を目指して取り組む「社会を明るくする運動」の県推進委員会が14日、佐賀市白山のエスプラッツホールで開かれた。県内の保護司会の活動報告などがあり、今年の行事計画を決定した。

 県内の保護司のほか国や県などの関係機関・団体から約80人が出席した。県男女参画・こども局の緒方良行副局長は「県では特に地域の子どもと大人の交流の場づくりに取り組んでいく」とあいさつした。

 小城・多久地区保護司会は、昨年に地域の夏祭りやスーパーでの広報活動、作文コンテストの発表会を実施したことを報告した。

 同委員会と佐賀保護観察所が主催する作文コンテストや、少年サッカー教室を開催することが決まった。6月には県庁で式典を開き、県知事メッセージを20市町代表へ伝達する。 

このエントリーをはてなブックマークに追加