新商品の発表会に出席した東幹久(左)とデヴィ夫人=15日、東京都内

 水素水を使った技術で歯周病を予防するオーラルケア新商品「T―Time」の発表会が東京都内で開かれ、CMに出演する俳優の東幹久が登場。「口のケアは仕事柄、マナーと思っている」と、口腔ケアへの高い意識をのぞかせた。

 東は、歯医者で定期的に口内チェックやクリーニングを受けていると言い、新商品の説明を受けて「水素水をオーラルケアに応用できるとは知らなかった」と驚きの声を上げた。

 「芸能人は歯が命!」のフレーズが有名だった他社製品のCMに出演していた東は「8月に50歳になるが、年齢を重ねてまたこうしたお話を頂き、光栄です」と白い歯を見せた。

 取材陣が「やっぱり芸能人なんで、歯は?」と水を向けると「歯は大切なもの」と応じ、笑いを誘った。

 ゲストのデヴィ夫人は、1日に5回は歯磨きし、半年に1度は歯石を取るという。

 海外から帰国後、日本人の歯の健康に対する意識の低さに驚いたと話し「八重歯がかわいいとか言う話を聞くと悲しくなる。うちのワンちゃんの方がよほど歯並びはきれい」と毒舌を吐いた。

 最後に2人は新CMのメッセージ「大人になったら歯ぐき、大切に」と高らかに宣言した。

このエントリーをはてなブックマークに追加