長年連れ添った妻を手に掛けたとして、承諾殺人と死体遺棄の罪に問われた被告(71)に佐賀地裁が言い渡したのは、執行猶予付きの判決だった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加