唐津署は14日、有印私文書偽造、同行使と詐欺の疑いで、福岡県糟屋郡粕屋町原町5丁目、土木作業員の男(36)を逮捕した。

 逮捕容疑は2016年5月13日正午ごろ、唐津市の金融機関で同市の60代男性(当時)の預金通帳と印鑑を使って預金払戻請求書を偽造して提出し、現金5万円を引き出した疑い。容疑を認めている。

 同署によると、男は男性の家族と面識があり、以前に自宅を訪問していた。男性の家族が身に覚えのない出金に気づき、同署に届け出た。防犯カメラの映像などから男が浮上した。

このエントリーをはてなブックマークに追加