佐賀のアカペラ定期ライブ「和~なごみ~」の運営メンバー。後列左から時計回りに、荒木駿さん、江頭宗次郎さん、築城星来さん、塩月結花さん=佐賀市の佐賀大学本庄キャンパス

 九州や山口県の大学のアカペラサークルが集まる佐賀のアカペラ定期ライブ「和~なごみ~」が18日、佐賀市呉服元町の656広場で開かれる。佐賀や福岡、熊本などの学生や社会人で作る6団体が、洋楽やJポップの名曲などを披露する。

 ライブは佐賀大学経済学部2年の江頭宗次郎さん(21)と理工学部3年の荒木駿さん(20)が、地域と関わるイベントを開くことを目的に立ち上げ、4回目。人々が和める場にしたいとの思いから「和」と名付けた。学生4人で運営し、昨年11月に初めてのライブを開いた。

 当日は午後2時からで参加無料。佐賀大学生によるフェアトレード団体「Sharearth(シェアース)」は会場でコーヒーを販売する。問い合わせは、メールnagomi.acapelive@gmail.comまで。

このエントリーをはてなブックマークに追加