山口和範氏

 佐賀新聞社が主催する佐賀政経懇話会、佐賀西部政経セミナーが22日、23日にそれぞれ開かれる。立教大学経営学部長の山口和範氏が「意思決定に不可欠な統計の役割」と題して講演する。会員制だが、一般も有料で聴講できる。

 山口氏は1962年、佐賀県生まれ。北山中、佐賀西高を経て九州大理学部卒、同大大学院博士課程単位取得後退学。2006年から立教大経営学部教授を務めている。専門は統計学で、データ分析のための統計解析手法の開発や評価、統計ソフトウエアの比較研究などを行っている。

 佐賀政経懇話会は22日にホテルニューオータニ佐賀(佐賀市)で、佐賀西部政経セミナーは23日に割烹清川(鹿島市)でいずれも午前11時から開く。

 一般聴講料は5千円。申し込みは佐賀新聞文化センター、電話0952(25)2160。

このエントリーをはてなブックマークに追加