正徳寺住職の浦霧慶哉さん

正徳寺の本堂で開かれている「お寺ヨガ」=白石町築切

 白石町築切にある正徳寺で、ヨガ教室や婚活支援イベントなどが開かれている。住職・浦霧慶哉(うらぎりけいや)さん(46)が「お寺にはいろんな可能性がある」として、地域住民の交流を促し、地域に開かれた場所を目指して奔走している。

 4月下旬の夜には厳かな雰囲気の本堂で、集まった町民が約1時間半、ヨガに取り組んだ。インストラクターの井上智恵子さん(38)=白石町=は「非日常の空間で、集中しやすく身が引き締まる」とお寺の効果を語る。「お寺ヨガ」はお寺に足を運んでもらおうと2015年に始め、月2回のペースで実施している。

 同年には婚活支援イベント「お寺で縁結び」も初開催し、40人の定員はほぼ満員になったという。現在は「近所だと参加しづらい」という声に配慮し、会場を町外に移しているが、年1回のペースで出会いの場の創出に一役買っている。このほか、知人らを集めて交流するイベント「お寺からはじまる出会い」も不定期で開いている。

 企画を続ける背景には、お寺と住民との距離が遠くなっているとの危機感がある。「お寺は入りにくいと思われがちだが、本来は気軽に人が集まる場所だった」と浦霧さん。「お寺のイメージを守りつつ、世代を超えて地域住民が交流でき、心が安まる場所になってほしい」と今後を見据えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加