線を目安に土を入れる住民たち

 北川副地区自主防災実践本部では、毎月第1土曜日に資機材点検活動を行っています。これは、災害時の救助活動などで使用する発電機やチェーンソーなどの資機材が動くかどうか確認を行うものです。4月6日、北川副公民館で例月の点検を行いました。今回はこれだけではなく、「土のう袋砂詰め」も行いました。いつもは10人程度で点検を行いますが、今回は土のう袋砂詰めも行うため、20人以上が集まりました。作った土のうは自主防災倉庫の北側に置いています。大雨時に越水が心配な箇所に自由に使用できます。北川副はその名のとおり、北は佐賀江川、東は佐賀江川から分かれた新川、西は八田江川に囲まれ、川沿いにある地区です。佐賀平野の特徴でもあるクリークも縦横に広がり、水に恵まれているが故に河川水位の管理が重要になっています。梅雨時期前に、早めの土のうによる対策が重要です。(北川副公民館)

このエントリーをはてなブックマークに追加