大町町議会(定数8)は13日、改選後初の臨時議会を開き、議長に三谷英史氏(61)=3期、中通、写真右=、副議長に藤瀬都子氏(68)=6期、高砂、同左=を選んだ。任期は4年。

 議長選には三谷氏と諸石重信氏(55)=2期、恵比須町=、中山初代氏(81)=12期、栄町=が立候補し、三谷氏5票、諸石氏2票、中山氏1票だった。副議長は指名推薦で選出された。三谷氏は初の議長。藤瀬氏は前期に引き続き2回目。

 このほか、議会選出の監査委員に山下淳也氏(50)=1期、浦川内=を選任し、一般会計補正予算案など3議案、議員定数減に伴い常任委員会の人数を変更する1発議を可決、閉会した。

このエントリーをはてなブックマークに追加