Q トラブルになった相手を殴ってケガをさせてしまいました。相手からは、治療費や慰謝料も請求されていますが、どれも払えそうにありません。示談が成立しなければ、刑事事件として罰金刑になる可能性もあります。他にも借金があるので、いっそのこと破産して全ての債務を帳消しにはできませんか?

 A 一般的には、破産手続きを裁判所に申し立てて、裁判所から免責許可の決定が出れば、債務の支払いを免れることができます。

 ただし、これにはいくつかの例外があり、破産しても支払いを免れることはできない債務(債権者の方から見ると債権)が破産法には規定されています。これを非免責債権といいます。

 破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権については、加害者を制裁し、被害者を救済するために、非免責債権とされています。ここで「悪意」というのは、他人を害する積極的な意欲のことです。

 相手を殴ってケガさせたことによって生じた治療費や慰謝料を支払う義務は、「破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権」にあたるので、破産しても支払い義務を免れることはできません。

 また、罰金も刑罰として本人に負担させるべきものと考えられており、非免責債権とされています。

 相談の事例では、破産しても罰金を支払う義務は免れることはできません。

 まとめると、借金については免責される可能性はありますが、治療費、慰謝料、罰金については免責されないので、破産しても全ての債務を帳消しにすることはできません。(佐賀市 弁護士・酒井宏)

このエントリーをはてなブックマークに追加