売場面積の拡大によりブランドからセット商品まで豊富な商品が並ぶ店内=佐賀市下田町のメガネのヨネザワ佐賀本店

 メガネのヨネザワ佐賀本店(佐賀市下田町)が10日、リニューアルオープンした。1階の売り場面積が約330平方メートルと県内最大規模となったほか、2階には貸しホール(有料)を設けた。県内唯一となる3D計測システムを使って作る完全オーダーメードの「アイメトリクス」も初めて導入した。

 面積を約82平方メートル広げた売り場は紳士・婦人コーナーを新たに設け、ブランドからセット商品まで品ぞろえを充実させた。補聴器コーナーも測定室を完備した補聴器サロンを新設した。貸しホールには70~80人を収容でき、自治体のセミナーや会議、地域住民の稽古事など幅広い活用を促し、来店率の向上も期待する。

 この日は開店直後から多くの買い物客が訪れ、スタッフと話しながら鏡に向かって商品を合わせていた。同店の長尾健太朗店長は「地域密着型の店舗を目指していきたい」と語った。

 オープンを記念して購入者にはホークスグッズや日用品などが当たる抽選会を実施している。19日まで。問い合わせは同店、電話0952(27)7401。

このエントリーをはてなブックマークに追加