製粉・製油の理研農産化工(佐賀市、鵜池直之社長)は、油脂製品の出荷価格を6月1日出荷分から値上げする。業務用斗缶は1缶(16・5キログラム)が300円以上、家庭用、加工用も1キロ当たり20円以上アップする。値上げは約2年ぶり。

 物流に関わる運賃や人件費、包装資材コストの上昇のほか、菜種原料の油分低下と大豆相場の上昇を背景に油脂コストがかさんでいることを踏まえた。

 家庭用では主力商品の「キャノーラ油」などが値上げとなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加