玄海原発3号機

 九州電力は13日、2018年3月に再稼働した玄海原発3号機(東松浦郡玄海町)の定期検査(定検)を開始した。定検は再稼働後初めてで、約3カ月にわたって実施。原子炉本体や核燃料の貯蔵施設など105項目を検査し、8月20日の営業運転復帰を見込む。

 この日は午前1時に送電を止め、午前3時半ごろには原子炉を停止した。1週間程度経過して、原子炉内の燃料集合体193体を取り出し、約3分の1を取り換える。プルサーマル発電用のプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料が含まれる可能性がある。

 併せて昨年3月にさびによる腐食で配管に穴が空き、蒸気漏れが起きた2次系統の脱気器空気抜き管は16本すべてを交換。空気抜き管以外の脱気器周辺の配管も保温材や外装板を取り換える。

 定検は運転中の原発が13カ月ごと、廃炉作業中も9カ月ごとの実施が法で義務付けられており、18年6月に再稼働した玄海4号機の定検は8月16日開始を予定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加