JR九州の青柳俊彦社長は13日、福岡市の本社での会見で、本年度中に管内の路線別の収支状況を明らかにし、鉄道の維持に向けて地元と話し合いを進めていく考えを明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加