佐賀県いじめ問題対策連絡協議会の会合が13日、県庁で開かれた。いじめの認知件数の推移についての県教育委員会の報告や意見交換を通して、学校現場と関係機関・団体の連携の重要性を改めて確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加