呼子公民館の落成式で歌を披露した呼子中央こども園の園児たち

旧呼子中学校跡地に完成した呼子公民館=唐津市呼子町

 唐津市呼子町の旧呼子中学校跡地に呼子公民館が完成した。現地で11日に落成式が開かれ、関係者や地元住民など約100人が出席し、新たな憩いの場のスタートを祝った。

 延べ床面積は約1450平方メートル。授乳室を新たに設け、6600冊の本が楽しめる図書室や約350人収容できる大会議室、約100台分の大型駐車場も整備した。和室の構造材や壁板には唐津産の木材を使用。廊下の一部には天窓が設け、太陽光を取り込むなど、自然のぬくもりが感じられる造りとなっている。

 呼子港に面した場所にあった旧公民館は1966年に建てられ、老朽化が進んでいた。現地建て替えにした場合、建設コストが高くなることなどから、1キロ以上離れた殿ノ浦の中学校跡地に移転を決めた。昨年6月に着工し、3月に完成した。総事業費は約5億8千万円。

 式では峰達郎市長が「あらゆる世代の皆さんが利用できる施設として、親しまれることを期待する」とあいさつ。地元住民や子どもたちが歌や踊り、太鼓の演奏などを披露し、完成を祝った。

このエントリーをはてなブックマークに追加