そっと苗を持ち、穴に入れる園児と見守る高校生=神埼市の神埼清明高

 神埼市神埼町の神埼清明高でこのほど、大立寺幼稚園(同市千代田町)の園児の農業体験交流が開かれた。みどり系列の高校生が園児らに優しく指導しながら、スイートコーンの苗を植え付けた。

 年間を通した農業交流活動で、苗や種植えから収穫まで6回の交流を予定。1回目のこの日は、苗の持ち方を高校生に教わった園児たちが恐る恐る手にして穴に入れ、ほっとした表情を浮かべ、土をかけていた。

 ひと仕事終え、高校生と遊んでいた眞﨑なの葉ちゃん(5)と藤戸傑ちゃん(4)は「楽しかった。大きくなってほしい」と声をそろえた。高校生の福山響生さん(17)は「次の交流までしっかり管理したい。農業を通して少しでも命の大切さが分かってもらえれば」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加