会場に設置されたブースで、ボールを転がして遊ぶ子ども=佐賀市諸富町の市産業振興会館

 未就園児の子どもと親を対象にした「出会いの広場」(佐賀市社会福祉協議会主催)が11日、佐賀市諸富町の市産業振興会館で開かれた。おもちゃ作りや昔遊び、絵本の読み聞かせなどのブースが設けられ、訪れた多くの親子が一緒に楽しいひとときを過ごした。

 市内外から親子220人が参加した。子育て支援に取り組む市社協の市内6カ所のスタッフが集まり、参加者に工作や遊びを教えた。地域住民のボランティアたちも、風ぐるまやおもちゃの鉄砲などを並べ、子どもたちに遊び方を教えた。

 生後9カ月の娘蛍ちゃんを連れ、初めて参加したという育休中の会社員徳島貴子さん(34)=佐賀市=は、「娘と同月齢の子を持つ親たちの話を聞きたくて参加した。子ども同士も楽しく交流していた」と目を細めた。

 イベントは子育て中の親が他の親や支援者のスタッフと出会い、交流することを目的に年1回開催している。

このエントリーをはてなブックマークに追加