【サンパウロ共同】米地質調査所(USGS)によると、中米コスタリカ南東部のパナマとの国境付近で12日午後1時24分(日本時間13日午前4時24分)ごろ、マグニチュード(M)6・1の地震があった。パナマのバレラ大統領は震源近くで建物が壊れたり、1人がけがをしたりしたとツイッターで明らかにしたが、両国で大きな被害は報告されていない。

 震源はコスタリカ南東部パソカノアスの北約8キロ、震源の深さは19キロ。

このエントリーをはてなブックマークに追加