大学既卒者などが受ける佐賀県警の警察官A特別採用試験の1次試験が11、12の両日、佐賀市の県警本部と県警察学校であった。12人の採用枠に計40人が受験し、競争倍率は約3・3倍となった。

 「一般区分」は男性警察官10人、女性警察官1人の募集に対し、男性35人、女性3人が受験した。サイバー犯罪捜査の向上を目的に昨年のA、B採用試験に設けられた「情報工学区分」は、今回からA特別採用試験にも導入され、募集1人に対し、男性2人が受けた。

 1次試験の合格発表は23日。6月中旬までに2次試験を実施し、7月上旬に最終合格者を発表する予定。来年3月末卒業見込みの学生などが受験できるA採用試験は、5月31日まで募集を受け付けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加