松くい虫の被害を防ぐための点検活動が10日、唐津市の虹の松原であった。国の特別名勝を守ろうと、約50人が害虫の温床になる枯れ木を選び出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加