赤いガウンと緑色の帽子を身に着けた男性は、作家自身の姿。後方の建物はポーランド留学時代に見たアウシュビッツの収容所、手前に並ぶ三つの換気扇は軍艦島(長崎)の炭鉱をイメージしたという。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加