中山間地域を活気づけようと、九州電力佐賀支社と脊振の地域団体「せふりの風」が10日、ボランティア協定を結んだ。田植えや稲刈りなどの農作業イベントを共同で開き、山村と都市部の交流を促す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加