野中信吾さん(奥左)や田口昌徳さん(同右)の指導を受けながらキャッチボールする子どもたち=佐賀市のみどりの森県営球場

 日本プロ野球OBクラブが主(しゅ)催(さい)する「第25回ダイワハウス全国少年少女野球教室」が1日、佐賀市のみどりの森県(けん)営(えい)球場で開かれました。小中学生約150人が参加し、元プロ野球選手からキャッチボールや守(しゅ)備(び)練習の指(し)導(どう)を受け、上達のコツを学びました。

 横(よこ)浜(はま)などでプレーした野中信(しん)吾(ご)さん(35)=神埼市出身=や、近鉄時代に首位打者を獲(かく)得(とく)し、野球漫(まん)画(が)「あぶさん」のモデルとしても知られる永(なが)渕(ふち)洋三(ようぞう)さん(76)=佐賀市出身=ら10人が講(こう)師(し)を務(つと)め、キャッチボールやポジション別の守備練習、打(だ)撃(げき)練習を指導しました。

(2日付19面)

このエントリーをはてなブックマークに追加