力士に抱えられ、泣きじゃくる赤ちゃん=小城市の乙宮神社

 小城市芦刈町の乙宮神社で1日、子ども相撲(すもう)が奉(ほう)納(のう)されました。戦前から続く伝(でん)統(とう)行事で、町内の小学生が勢(いきお)いよく体をぶつけ、会場を沸(わ)かせました。人気の「赤ちゃん土(ど)俵(ひょう)入(い)り」もあり、アマチュア力士に抱(かか)えられると、赤(あか)ん坊(ぼう)の元気な泣き声が境(けい)内(だい)に響(ひび)きました。

 五(ご)穀(こく)豊(ほう)穣(じょう)を願う「御(おん)田(だ)祭」の行事。少子化の影(えい)響(きょう)などで参加者は少なくなりましたが、昭和から平成、令(れい)和(わ)と続いています。今年は小中一(いっ)貫(かん)の芦(あし)刈(かり)観(かん)瀾(らん)校の2~6年生13人が対戦し、3・4年生の部は3年生の本村颯(そう)士(し)さん、5・6年生の部は6年生の江(え)口(ぐち)心(しん)さんが貫(かん)禄(ろく)勝(が)ちしました。

 赤ちゃん土俵入りには市内外から27人が参加。鉢(はち)巻(ま)き姿(すがた)の赤ちゃんを抱えた力士が四(し)股(こ)を踏(ふ)むたび、「よいしょ」と掛(か)け声(ごえ)が上がりました。生後6カ月の次女・北川ひかりちゃんの土俵入りを見守った父大(だい)介(すけ)さん(37)=芦刈町=は「病気やけがもなく、新しい時代を元気に生きてくれたら」と成長を願っていました。

(3日付16面)

このエントリーをはてなブックマークに追加