佐賀市と佐賀大が連携する環境教育事業「佐賀環境フォーラム」が14日から、佐賀大本庄キャンパス(同市)で始まる。7月11日までの全12回で新エネルギーや外来生物など幅広い内容になる。受講する市民を募っている。

 佐賀大や九州大の研究者、県の担当者らが海洋エネルギーや新エネルギーの最新動向、プラスチックの海洋汚染問題について講義を行う。6月13日は、バラエティー番組のコメンテーターで知られる五箇公一さん(国立環境研究所生態リスク評価・対策研究室長)が外来生物が増える要因、駆除の必要性を解説する。

 通年受講は5月13日までにファクスやはがき、ホームページから申し込む。受講料は5千円。希望する講義だけの「スポット受講」は1講義500円。午後6時半~午後8時半に実施する。問い合わせ、申し込みはフォーラム事務局(市環境政策課)、電話0952(40)7202。

(大田浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加