江北町議会(定数10)は10日、改選後初の臨時議会を開き、議長に西原好文氏(59)=6期・惣領分、写真右=、副議長に渕上正昭氏(66)=2期・八町、同左=を選んだ。

 議長選には2人が立候補。西原氏と井上敏文氏=3期・佐留志=が5票で同票となり、くじ引きの結果、西原氏が選ばれた。副議長選も2人が立候補し、6票を獲得した渕上氏が選ばれた。西原氏は前議長で再任。渕上氏は監査委員を務めていた。西原氏は「くじ引きは初めてで緊張したが、運が良かったと思う。前向きに捉えて議会の活性化にまい進したい」と話した。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加