環境に優しい農業を親子で体験して-。佐賀市は、26日に開校する「ほんなもんぼ体験学校」の参加者を募っている。11月まで6回開き、サツマ芋の定植や収穫、田植えや稲刈りなどに取り組みながら、農薬・化学肥料を使わない循環型農業について学ぶ。

 会場は、佐賀市巨勢町の農地。26日は午前9時から開校式が開かれ、里芋の種付けなどを行う。月に1回のペースで農作業をし、サツマ芋や稲、枝豆などを栽培。有機農業を推進するNPO「元気・勇気・活気の会」が指導する。

 参加費は大人1人3千円、1人追加ごとに2千円。同伴の子どもは3人まで無料。参加希望者は「ほんなもんぼ体験学校希望」とした上で、全員の氏名、年齢、住所、電話番号、メールアドレスを明記して申し込む。ファクス0952(40)7391、メールnogyoshinko@city.saga.lg.jp

 問い合わせは、佐賀市農業振興課地産地消推進係、電話0952(40)7116。

このエントリーをはてなブックマークに追加