整備が進む有明海沿岸道路の事業推進を目的に、国土交通省は新たに「有明海沿岸国道事務所」を福岡県柳川市に設置した。佐賀国道事務所が担ってきた佐賀県内での関連事業を引き継ぎ、県境を越えて一体的で効率的な整備や管理につなげる。9日に開所式があり、佐賀県内からは山口祥義知事らが訪れた。

 設置は4月1日付。柳川市に設けていた福岡国道事務所有明海沿岸道路出張所を拡充し、人員を14人から25人に増やした。整備だけでなく、すでに供用されている区間の管理も担う。

 有明海沿岸道路は延長55キロの自動車専用道路で、福岡県大牟田市を起点に佐賀市などを経由して鹿島市に至る。佐賀県内は佐賀市の諸富町から嘉瀬町までの約8キロを国が整備し、嘉瀬町から鹿島市までは県が事業主体になっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加