九州大を中心に全国8大学が連携し、認知症のメカニズムや予防方法を探り高齢者の健康増進を図るため、65歳以上の男女1万人を対象にした10年間にわたる追跡調査を計画していることが24日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加