真っ赤に熟したサクランボに手を伸ばすすみれ幼稚園の園児=唐津市山田の果樹園

真っ赤に熟したサクランボをもぎ取るすみれ幼稚園の園児=唐津市山田の果樹園

 唐津市神田のすみれ幼稚園(増本博宣園長)の園児が8日、同市山田の果樹園でサクランボ狩りを楽しんだ。茂る枝葉に分け入り、赤く輝く実に手を伸ばした。

 果樹園は約1ヘクタールあり、同幼稚園を運営する学校法人唐津学園が所有する。モモやビワなどの木が植えられ、園児は年間を通じて果物の収穫や野菜作りを体験している。

 この日は年長児45人が、背丈より高い所にぶら下がるサクランボを飛び上がってもぎ取っていた。「こっちの方が赤い」「手が届かない」とはしゃいでいた。

 田中蒼一朗君(5)は「真っ赤なやつを選んでとった。甘くておいしい」と笑顔で話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加