日本アントレプレナー大賞の授賞式で賞状を受け取るエスビージャパンの中元英機社長=東京都の帝国ホテル

 基山町のIT企業「エスビージャパン」(中元英機社長)が開発したアプリ「レジャー・ミー!」が、日本アントレプレナー大賞のエンタメ部門賞を受賞した。同賞受賞は県内企業初で、中元社長は「新しい観光の仕組みを佐賀から世界へ発信したい」と喜んでいる。

 同アプリは、観光施設や文化施設、レジャー施設などを一定回数、月額定額制で利用できるサービス。スマートフォンにアプリをダウンロードして利用でき、一般会員は月額2千円で5施設を巡れる。

 ユーザーは通常の入場料より安く施設を利用できるほか、施設情報なども手軽に入手できる。施設側は新規利用者の獲得が見込め、飲食利用やグッズ購入による収益確保が期待できるなど、利用者と施設の双方にメリットがある。

 サービスは6月10日に開始予定。スタート時は九州を中心に300~350施設を利用できるという。施設数は順次増やしていく計画で、中元社長は「全国のさまざまな場所で利用できるようになる」と話す。

 東京で開かれた授賞式では、中元社長が賞状を受け取った。中元社長は受賞理由について「新しい観光の可能性をつくる事業として評価されたようだ」と話し、スタートに向けサービスを充実させるとともに「外国人向けのアプリ開発にも取り組みたい」と意欲を見せた。

 「レジャー・ミー!」のホームページは、http://leisure-me.jp/

     

このエントリーをはてなブックマークに追加