改元を控えた4月29日夜、鹿島市の祐徳稲荷神社では、カウントダウンに向けて最終確認に入る関係者の姿があった。日付が変わる瞬間ぴったりに進行しなければならず、「時間の遅れだけは許されない」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加