民主主義とメディアの役割をテーマにした講演会が11日午後2時から、佐賀市中の小路の佐賀県弁護士会館で開かれる。元NHK記者で大阪日日新聞記者の相澤冬樹氏を講師に招き、国民の知る権利を守るためにマスコミが果たす役割などを話す。予約不要で入場無料。

 主催する県弁護士会によると、相澤氏はNHKで長年にわたり記者を務め、森友学園問題の取材に携わった。その際に記者職から外される経験もした。講演会では、マスコミが民主主義や国民の知る権利を守る上で果たす役割、報道の自由を守る意味、情報を読み解くメディアリテラシーなどを取り上げる。

 駐車場に限りがあり、県弁護士会は公共交通機関の利用を勧めている。問い合わせは同会、電話0952(24)3411。

このエントリーをはてなブックマークに追加