「もしここに車が突っ込んできたら…」。散歩や自転車通勤をしていてヒヤッとすることがよくある。道路では車に対して生身の人間はあまりに無力だ◆笑われるかもしれないが、信号待ちの時は信号の支柱や電信柱の陰に立って身を守る。交差点ではドライバーの視線がこちらを向いているか必ず注視する。よく確認もせず進入する車が少なくなく、はねられそうになったことは1度や2度ではない◆痛ましい交通事故が続く。大津市の事故は直進してくる車があるのに対向車線の車が無理に右折しようとしたらしい。直進車はこれを避けようとハンドルを切り、園児の集団に突っ込んでしまった。どちらも逮捕されたが、直進車の女性は釈放された◆ろくに前を見ず運転しても「よかろうもん」。そんな考えとは思いたくないが、園児の死亡と直進車も加害者にしてしまった代償はあまりに大きい。佐賀は交通事故が全国ワースト級。ウインカーをすぐつけない、携帯で話しながら運転、細い路地で猛スピード。マナーの悪さに驚く◆歩道にガードレールをという声はあるが、人と車が同じ道路にいる限り、意識の問題だろう。車はドライバー次第で凶器にもなる。さらに車には優越感やおごりを生む魔物も潜む。横断歩道の歩行者を「はよ、渡らんかい」とわが物顔で見ている人、いませんか?(丸)

このエントリーをはてなブックマークに追加