県内の棚田の保全に向け、ボランティア協定を結ぶ企業や団体の本年度の活動が8日、有田町を皮切りに始まった。佐賀市の佐賀星生学園の2年生28人が同町立部を訪れ、地元農家のタマネギ収穫を手伝った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加